読譜力

251760ピアノのお稽古で、1番ネックになるのが読譜力です。

譜面が自分で読めないと苦痛になり、お稽古が嫌になってしまいます。

小さいうちにこの読譜力と聴力をつけさせることが、先生の役目だと思っています。

小学低学年の生徒さん、ずっと◯をもらっていたのですが、あるページになって急に弾けなくなりました。

先に進み過ぎたのかと、以前レッスンをしたページに戻しました。

ところが、一回合格した曲なのにスムーズに弾けない。

読譜が、アヤフヤになっていました。

これはいけない!

と、レッスン見直し。

ピアノの楽譜を一緒に歌い、両手でリズムを叩いたり。

何とか自分一人で、新しい曲を弾けるようになっていって欲しいと思います。

がんばりましょうよ。

ねっ!

 

オカリナの場合は、まず運指を覚え、正確な音程をだせること。

音符の数は少ないので、楽譜は直ぐに読めるようになりますよね。 🙂

がんばりましょう。

 

 

 

前の記事

もうすぐ夏休み

次の記事

夏の収穫祭?