色々な楽器があるものです。

音が鳴るモノに、興味がわく私。

使いこなせるかどうかは別として、ついつい見入ってしまいます。

オランダのアムステルダム国立美術館の前で、クラシックを演奏していたグループ。

女性が弾いている楽器の音色は、まさにコントラバスでした。

初めて見る楽器です。

何ていう名前かしら?

オランダの楽器?

材質は何だろう?

言葉が話せたら、根掘り葉堀り聞くのですが…

弦楽器ばかりの演奏だと思い込んでいたら、アコーディオンもいました。

とても良い演奏なので大勢のお客様がいて、バイオリンケースの中の投げ銭も、結構入っていました。

 

ベルギーで見た楽器。

名古屋の宗次ホールで演奏を聞いたことがありますが、名前を忘れました…

右手でレバーを回しながら、左手で弦を弾いて音を出していました。

海外旅行で教会や美術館を周るのも良いですが、広場での演奏を聴くのもとても楽しいです。

 

ベルギー在住の藁谷幸也(わらがい さちや)という方が1日、ガイドについて下さったのですが

第一印象、変な人?

頭モジャモジャ、目にはしっかりアイライン。

ピンクのマフラーに、これまたピンクのパンツ。

表情一つ変えずに、豊富な知識を喋りまくるので

コヤツ、ただモノでは無い!

フルネーム聞いて、ヤフー検索。

すると、東京芸大卒 。ベルギーのオーケストラで元首席コントラバス奏者。

現在はコントラバスを辞めて『三十六篝活斗鍵打笙』

(さんじゅうろく こうかっと けんだしょう)という中国の楽器を演奏しているらしい。

10月には、東京、名古屋、山口、福岡、札幌と演奏に来るそうで、ちゃっかりチラシを渡されました。

昼食で入ったレストランで、別の日本人ガイドさんから「あら、今日は赤いパンツじゃないのね。」

って茶化されていました。

一回も笑い顔無かったのですが、超売れっ子のガイドさんなんですって。

 

チューリップと水車を見に行った旅でしたが、その他にも色々な発見がありました。