できるじゃん!

くらた音楽教室では、小学校3年生になるとオカリナを練習します。

それまでに音楽の下地がある程度出来ているので、それほど苦労することなく吹けるようになります。

息の出し方でピッチが違ってくるので、ピアノと合わせて「もっと強く吹いて」「もう少し弱く」と言うとサッとその音程に直しています。

久々に3年生の男の子と、6年生の女の子の姉弟に「オカリナ吹いてみようか!」って誘いました。

男の子はついこの前渡しただけで、あまり練習していませんでしたが、ナント運指をマスターしていました。

学校でのリコーダーも、簡単に吹けるそうです。

(他の男子は、ピーッ!と吹くそうですが…音楽の先生も大変だわなぁ)

練習中のピアノ曲のメロディーも、オカリナで吹きました。

できるじゃん!

お姉ちゃんは、さすがセンパイ。

もっと余裕で吹いています。

中々時間が取れませんが、またやりましょう。

先生も楽しいよ。