ヴァイオリンコンサート

午後から日本を代表するヴァイオリストの、前橋汀子さんのコンサートに行ってきました。

前橋さん、今年で73歳だそうですが、ロングドレスがとても似合っていて美しかったです。

動きもダイナミックで、演奏も力強い。

弓を高く振り上げる動作、カッコ良かったです。

右肩を痛めている私には、眩しい姿でした。

休憩をはさんで2時間の演奏会でしたが、あっという間に過ぎました。

(美しい音色のため、何度か意識が途切れてしまいました。またもやです。)

 

アナウンスのタイミングが遅かったためか、休憩の指示が出る前に多くのお客様が席を立つし、アンコール曲が終わった途端に競争で出口に殺到するし…

演奏者が、もう一度挨拶に出てきたら気まずくない?って心配してしまいました。

何故か今日のお客様たちは、セッカチというか反応が速いというか…

しかし1週間前に演奏会があることに気づいたのですが、前の席が買えてラッキーでした。

 

1部の演奏が終了し舞台袖へ戻る時、汀子様 ドレスの裾を高く引き上げすぎて膝の黒いサポーターが見えてしまいました。

お大事になさって下さい。

 

前の記事

秋分の日

次の記事

サウンドあわだてき