ピアノの練習の前に

ピアノの練習の前に、やっておかなくてはいけない事があります。

1 最初は短い時間でよいので、イスに座ることが出来ること。

2 先生が、お話しをする時は静かに聞けること。

3 使った物は、自分で片付けが出来ること。

幼稚園や保育園に行っているお子さんは、園でもこのようなことはやっていますね。

 

「しつけ」と言われていますが、これは記憶と関係があります。

今は、イスから離れてよかった?

先生のお話しの時、騒いでよかった?

使ったオモチャなど、そのままでよかった?

言われたはずなのに、記憶に残っていないからです。

 

小さいうちに短期記憶を鍛えることが、脳の発達に良いと言われています。

くらた音楽教室では、このような育脳も重要だと考えています。

 

ピアノを弾くということは、楽譜を見て指を動かして、とても高度な作業をするわけです。

ピアノを弾く前の段階で脳がある程度育っていれば、負担が少なくなります。

 

足し算を始めた生徒さんの動画をご覧ください。