オカリナの練習、少しずつ始めました

オカリナの練習を少しずつ始めました。

学校でリコーダーや鍵盤ハーモニカ、歌などの授業が始まって来ているので教室でも、オカリナの練習を少しずつ始めました。

ピアノレッスンにオカリナを取り入れてから、10年が経っています。

コロナ対策で2年間オンラインでオカリナをやってきましたが、初めてオカリナを吹く生徒さんが多くなったので、少しずつ基礎練習を取り入れることにしました。

オカリナの利点は息使いで音程の調整するので、音程を注意するようになる。

1番重要なのはフレーズ感が養われることです。

ピアノを弾いていて、「ここまで一続きだよ。ここでフレーズが終わるよ。」と言葉で言っても、子供さんは分からないことが多いです。

声を出して歌うこともしますが、照れてしまい声が小さくなります。

そこで、オカリナを吹いてもらうと「あ、そうか!」って気づくことが多いのです。

ピアノ伴奏でオカリナを吹くと、また素敵ですよ。

前の記事

ママのお稽古日

次の記事

中学生になりました