ラジオを聞いて

ラジオを聞いていたら、気になる人の情報が入ってきました。

まず一人目は、小佐古 基史(こさこ もとし)さん。

東京大学医学部保健学科卒。

一年間、同大学付属病院で勤務した後 渡米しギターに専念、その後ハープに出会う。

ほとんど独学で演奏技術を習得し、ストックトン交響楽団のハーピストに就任。

ジャズハーピストとしても、全米で活動している。

そんなパワフルな人が、名古屋に来る!

っていうので、早速 連絡して演奏会の予約。
会場は、西蓮寺というお寺。

ギタリストの笹島明夫さんとの、息の合った素晴らしい演奏でした。

2時から始まり途中休憩をはさみ、4時までの演奏会は皆さん満足感でイッパイ。

クラシックとは、また違った心地良さがありました。

 

もう一人は、「すぎもと在宅医療クリニック」の杉本由佳さん。

名古屋市千種区で、在宅医療をして13年になるかたです。

患者のかたとの漫才のような会話に、先生の人柄がうかがえました。

また、亡くなった患者のかたの髪を洗い、御本人が用意していた旅立ちの時の服に着替えさせたり、「こんな先生に往診してもらえたら幸せだわ。」と思いました。

先生の往診範囲を調べたら、ウチの地域は入っていない…

いやいや、まだウチは年齢的に大丈夫なはず…

頑張って、健康な生活を送っていきたいと思います。!