無惨な生垣

30年前 植えかえたカイヅカイブキの生垣が、この数年道路にせり出していました。毎年剪定をお願いしているかたに、「枯れた所を切った方が良い」と言われてお任せしました。

用事を済ませ、お昼過ぎに帰宅すると…

目を疑いました。

まさか、庭がこのような姿になるなんて。

ぶっ倒れそうになりました。

「2、3年後には残っている芽から生えてくるから。」

と主人が言われたそうですが、それまでこれですか?

ご近所の方達も、ビックリされていました。

子供さんを送って下さるお母様たちも「風景が変わって、通り過ぎました。」という方達が続出。

前を歩いて行く人たちも、ジロジロ見て行くし。

今年一番のショック!!でした。

木の断面が、ダイダイ色の目に見えて苦笑いしてしまいます。

前の記事

サクランボと3色団子

次の記事

みんな、頑張ったね