面白そうな楽器

ピアニカ講座のメンバーが、面白そうな楽器を持ってきてくれました。

イングリッシュ・コンサーティーナという19世紀にイギリス人の物理学者が発明した楽器で、欧米諸国で人気が高かったそうです。

そういえば、船員、旅芸人、ピエロがこんな楽器を持って踊っている絵や動画を見たような…

両サイドにボタンが付いていて、それを押さえることによって音を出すそうです。

音色もアコーデオンに似ています。

電気も要らないし、小さいし面白そう

教則本も出ているそうです。

このボタン、使いこなすのは脳トレになりますね。

 

 

 

高橋姉妹の、練習中の曲を録音しました。