高山と白川郷の旅

以前から行きたいと思っていた白川郷に、行ってきました。

雪の夜の写真を見て幻想的な雰囲気でとても行きたいと思っていたのですが、その時は人数が集まらず諦めることになりました。

雪道を歩く時用に、滑らないブーツを探してお店をまわったのですが…

それから数年経ち、寒い夜はおっくうになり白川郷熱もさめていたところに昼間のツアーが目に留まり、ようやく白川郷に行くことが出来ました。

 

まず高山に行き、伝統的建造物保存地区を見学しました。

狭い通路は、人であふれかえっていました。

外人さんも、多かったです。

飛騨牛のコロッケ、肉まん、串やき、にぎり寿司等を出すお店がいたるところにあり、

いい匂いがあふれかえっていました。

私と主人は、飛騨牛の肉まんを食べ、

 

 

 

 

飛騨牛のミルクで作ったアイスを食べ、

ひたすら歩く。

 

 

 

高山市政記念館では、昔懐かしい足踏みオルガンを見つけました。

ヤマハ製です。

小学校の時、学校で弾いたなぁ。(歳がわかる。)

昼食に飛騨牛のすき焼きを食べ、午後から白川郷へ行きました。

 

車中から見る風景は、まだ雪が残っていました。

 

 

 

 

やっと合掌造りの家を、見ることができました。

3階まであり、階段を登って上まで行きました。

ドッシリとした作りで、各階も広く重機なんてなかった昔に人の力だけでよく建てたなぁと感心してしまいました。

 

雪の夜の合掌村は見られませんでしたが、世界遺産の合掌村に行くことができ、一つ目標を達成することができました。

さぁ、またレッスン頑張ります。