音楽ざんまいの一日

今日も暑さが厳しい1日でしたが、クーラーが効いている場所にいたので結構快適に過ごしていました。

午前中は、リコーダーアンサンブル。

午後は、オカリナのコンサート。

夜は、ピアノのコンサート。

オカリナは『オカリナセブンコンサートツアー』で、7人の息がぴったり合って聞きごたえ有り、ユーモア有りの楽しいコンサートでした。

実力はもちろん、にこやかでサービス精神旺盛な佐藤一美さんのパホーマンスは「役者だわー」と、驚嘆!

演奏後の写真も気軽に応じて下さり、有難うございました。

素晴らしい演奏に、お客様達は満足顔でした。

 

 

夜は、去年『金スマ』で特集された発達障害を持つピアニストの野田あすかさんのコンサートでした。

子供の頃、成績が優秀だったため症状に気付かれず、22歳になってようやく発達障害だと診断されたそうです。

小さい時はいじめに遭ったり、パニックを起こし自宅の2階から飛び降りて右足を粉砕骨折。

今でも杖や、車椅子が必要だそうです。

今日のコンサートも、ピアノの椅子まで車椅子を押してもらっていました。

ダンパーペダルも右足が使えない為、左足で踏んでいました。

脳の欠陥があるため、曲を覚えるのにものすごく時間と工夫をしているそうです。

こんな困難にも負けない彼女の演奏は、立派でした。

苦しい時期をくぐり抜けて、ようやく花開いた『野田あすかさん』の笑顔はとても素敵でした。

会場のお客様達も皆んな応援し、ファンになったと思います。

CDや本を買い求める人が、ドットいました。

私も買い、ファンクラブにも入りました。