楽器

Print楽器のお稽古を始める時に、どんな楽器を購入するか迷いますよね。

 

たとえばピアノの場合、アコースティックピアノと電子ピアノがあります。

近年の電子ピアノは、アコースティックピアノの鍵盤のタッチに近づくよう改良されていますが

その音は録音された音で、それがスピーカーを通して出ます。

ですから、誰が弾いても音色の変化がありません。

(猫が乗っても同じ音が出る)

ペダルもon,offだけですので繊細な表現に限界があります。

 

アコースティックピアノは、打鍵のスピード、重み、その他の弾き方により音色を色々に変化させることが出来ます。

練習することにより手のひらに筋肉がつき、微妙なニュアンスを表現出来る指が作られる。

(脳から指への信号の伝達がスムーズになる。)

音のバランスや、響きがわかるようになる。

などなど、アコースティックピアノを使いこなすには頭フル回転、集中力が要ります!

 

でも、住宅環境とか諸々の事情でアコースティックピアノを持っていても、自由に好きな時間に弾けない場合も多いです。

そんな場合、鍵盤楽器に触れる機会を無くするよりは、電子ピアノを活用したら良いのではないでしょうか。

 

ちなみにオカリナの場合、色々吹き比べると音色が違って面白いです。

今日も、どんな音色を出すのかと注文しました。

(なかなか、試奏できないので)

到着を、楽しみに待っています。

 

今日の連弾お稽古の、みみちゃん、ママ、妹のみそらちゃん。

何か違う音がするって見たら、みそらちゃんがニコニコとピアノを弾いていました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-02-21-26-11