ピアノが甦ります

ピアノから音符オカリナの生徒さんのお宅にあるピアノ、もう40年以上の年月をそのお宅のリビングで過ごしてきました。

このたびご縁があって、知り合いの姉妹がいるお宅に引き取られることになりました。

姉妹のお母様から世話をしてくれる業者はいないかとお話があり、調律をお願いしている楽器店に紹介したところ、トントン拍子で話しが進みました。

保存状態が良かったので、メンテナンス代もそれほどかからないようです。

40年前、小さな女の子が弾いていたピアノが時を越えて、また小さな女の子たちに弾いてもらえる。

なんて、素敵なことなんでしょう。

 

ピアノ、大事にしてあげてね。

たくさん、弾いてあげてね。

前の記事

ようやく

次の記事

頑張るママたち